「彼氏が欲しいのにできない」
長年フリーでいる女性の中には、このような悩みを抱える人も少なくはありません。

しかし、その原因は自分自身の意識の中にあったのです。
彼氏が欲しいと言いつつも、実際は心のどこかで「まだ大丈夫」という余裕を持っているのではないでしょうか。

そこで今回は、この先も彼氏ができないであろう女性に見られる口癖についてご紹介いたします。

フリー女性が口にすると危険なNGセリフ5つ

①「出会いの場に行く機会が減った」

彼氏ができない理由を問われると、「昔に比べて出会いの場に行く機会が減ったから」と即答する女性も多くいます。

でも、これってただの言い訳。
彼氏ができないという事実を、自分ではなく出会いのせいにしているだけなのでは?

また、この一言には、「出会いの場にさえ行けば、彼氏ができる」という本音が隠されています。
その間違った余裕が、恋人作りの妨げとなっているのです。

②「おじさんにはモテるんだけどね」

大衆居酒屋など、年配の方が多く集まるような場では、若い子よりもアラサー女性の方がチヤホヤされる場合も多々あります。

とはいえ、そこで「おじさんにはモテるのに」と調子づくのはNG!
自分が主役に立てる居心地の良い場に身を置くのは、ただの逃げでしかありません。

なにより、このように居心地の良い場がひとつでもできると、新たに出会いを求める気も失せます。
それがますますフリー期間を長引かせる原因となってしまうのです。

③「性格は良かったけど、話し方が無理」

初対面の男性に対し、「性格は良かったけど、話し方が無理」など、何かと理由をつけ恋愛対象から外す女性もいます。

一見、相手の良い部分も悪い部分も見ているように感じるこの一言。
しかし、実際は建前上、良い部分を口にしているだけで、本心では相手の悪い部分しか見ていないのです。

なにより、上から目線の発言は、「自分が選ぶ立場」だと思い込んでいる証拠でもあります。
そのような心がけでいては、いつまでたっても良い出会いを見つけることは難しいのです。

④「○○な人じゃないと絶対に付き合えない」

それなりの恋愛経験を積んできたアラサー女性であれば、異性に求める条件のひとつや二つくらいあって当然。

とはいえ、「○○な人じゃないと絶対に付き合えない」と断言するのは危険。
出会う前から自分と合う異性を勝手に決めつけるのは、ストライクゾーンを狭めるだけの行為です。

せっかく良い出会いに恵まれても、条件に合っていないからという理由で、相手を即恋愛対象外にしてしまうことでしょう。

⑤「いつかは結婚したい」

多くの独身女性が口にしがちな「いつかは結婚したい」という一言。

しかし、「いつかは」と言っている時点で、行動を起こす気がないのが丸わかりです。
「結婚はしたいけど、自分から動くのは面倒くさい」と心のどこかで甘えているのではないでしょうか。

当然のことながら行動を起こさなければ、いつまでたっても彼氏はできません。
本当に結婚したいのであれば、まずは、その人頼みの姿勢から改めるべきです。

口癖から自分を変えよう!

口に出した言葉は、必ず自分自身に返ってきます。
上から目線の発言や、余裕のある態度ばかり見せていては、せっかくの出会いのチャンスも失ってしまうのです。

「彼氏が欲しい」と切に望むのであれば、今後は前向きで素直な発言を心がけてみましょう。

口癖が変われば、自分も変わります。
それが良い恋を見つけることにもつながるはずです。

TRILL読者から人気の恋愛記事!

バツイチ、シンママはなぜモテる?!彼女たちが異性を惹き付ける魅力って?

この差って何?モテる女とモテない女を分ける3つの境界線

上野樹里さんが結婚!年上男性から愛されたい女性に贈るTRILLの人気記事4選