女性に生まれたからには、一度は憧れたことがあるであろうハイヒール。
ハイヒールの中でも、8cm以上のヒールは美脚効果が高いといわれています。
ふくらはぎのラインをキレイに見せてくれ、同時に脚が長く見えるのです。

そんなハイヒール、あなたの下駄箱にも一足入っていませんか?

でも8cm以上のハイヒールは、足が痛くなってしまったり、疲れてしまったりしてしまいがち。
とっておきのシーンで履きたいけれど、履き慣れていないと靴擦れを起こしてしまうこともよくあることです。

ハイヒールで疲れてしまうのは、靴の選び方や歩き方に問題があるのかもしれません。
自分に合った靴を選び、正しい歩き方をマスターして、今日から美脚女子の仲間入りをしませんか?

間違いだらけの靴選び!自分に合った靴をきちんと選べていますか?

靴を買うときは、試着するのが当たり前。
だけど、購入後実際に履いてみると足が痛い…。
そんな経験はありませんか?

靴を選ぶときには、いくつかのポイントがあります。
ぜひそのポイントを押さえながら靴を探してみましょう。

靴選びのポイントは足幅の広さ!

昔に比べて、運動不足を感じる方も多いのではないでしょうか?
運動不足によって、足幅が広がってしまうのです!
それなのに、昔と同じような靴選びをしていませんか?

靴の足幅の広さが合っていると、足がしっかりとホールドされ、疲れにくくなります。
ついつい足の長さに合わせてしまいがちですが、これからは、足の幅が合っているかどうかをしっかりと確認しましょう。

つま先の形が合っているものを選びましょう

足の形は、大きく分けて三つあります。

一つ目は、親指よりも人差し指が長いギリシャ型。
二つ目は、親指から小指までなだらかに曲線を描いたエジプト型。
最後は、指の長さが一定のスクエア型です。

自分の足の形を把握して靴を選んでいる方は、意外と少ないそう。
つま先部分が合っていないと、指が押されて曲がったり、前に滑ったりしてしまいます。

ギリシャ型の方は、ポインテッドトゥやアーモンドトゥがおすすめです。
つま先が尖っているタイプですよ。

日本人に70%といわれるエジプト型の方は、ラウンドトゥがおすすめ。
丸みのあるタイプを選びましょう。

スクエア型の方は、つま先全体が四角くなっているスクエアトゥのパンプスを選ぶと良いでしょう。

デザインだけではなく、靴のつま先部分にも注目して試着してみて。
せっかく買ったのに痛くなる…ということがなくなりますよ。

これでもう疲れない!ハイヒールを履いているときの上手な歩き方

モデルさんがハイヒールを履いて颯爽とランウェイを歩いている姿を見たことがありますか?
実は、キレイに歩くと疲れにくくなるのです。

スニーカーを履いているときとは違った歩き方を

ポイントは、中心線を意識して歩くこと。
これから歩くところに、一本の直線があるように考えてみてください。
その直線の中心に足の内側を置くイメージであるくのです。
親指に力を入れて歩くと、安定感が増しますよ。

また、普段はつま先を上げてかかとから着地するのですが、ハイヒールを履いているときは地面に対して足を平行に着地させるようにしてみてください。
つま先を上げすぎると、不安定になってしまうので注意が必要です。

脚全体も意識して歩くとより楽に

足を着地させることだけではなく、脚全体も意識しましょう。
脚の付け根から、脚全体をまっすぐ前に出すようにして歩いてみてください。
このとき、腹筋を意識しながら上半身を引き上げるようにして歩くと良いでしょう。

また、後ろ脚にも注意。
後ろ脚は親指に力を入れて、地面を蹴るようにして歩きます。
後ろ脚や膝を曲げずに歩くと、ヒップラインが上がってスタイルも美しく見えますよ。

8cm以上ヒールで周囲の女性に差をつけて♡美脚に自信を持ちましょう

このように、靴の選び方や歩き方を少し気をつけるだけで、格段に楽になります。
今まで足が痛くなるからとヒールに躊躇していた方も、上記のポイントを押さえてぜひチャレンジしてみてください。

あなたの美脚に視線が釘付けになること、間違いなしです!

チェックしておきたいファッション記事!

ボーダーよりもドット!大人的「ドット柄」の取り入れノウハウ教えちゃいます

こなれ大人レディのたしなみ。ベーシックアイテムこそ“こだわり”を!【 Tシャツ編】

たった1枚でスッキリお洒落!大人にふさわしい名品ボーダーブランド