2016年版マニュアル車総まとめ!

トピック73183/要素5755885

出典: http://amesha-world.com/special/detail.php?id=1607

今の時代、MT(マニュアル車)に乗っている人どれ位いるのでしょうか・・・ 筆者は愛車がMT車で尚且つ旧車に乗っていますが、MT車乗りは非常に少ないです! エアコン付いてないから夏は汗だくになり、冬は寒いし、窓ガラスが曇って前が見えません(笑) 実用性を考えれば確実にAT車の方がいいですね! じゃあなんで乗ってるのかというと、単純にカッコイイから!っていうのと自分が車を操作していることがダイレクトに伝わって来る感覚がたまらないところですね。 多分MT車好きな方は大体同じ理由だと思います。 国内では売れないからという理由でMT車の生産は激減していますが、実は海外ではMT車が現役でむしろ主流なんですよ! 全世界で生産されているMT車をメーカー別にカッコイイと思ったマシンを紹介していきます。

TOYOTA

マークX GRMN

トピック73183/要素5724383

出典: http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/4359467

ボディサイズが全長4810mm×全幅1795mm×全高1420mm、排気量は3456ccであることから、大雑把に分類すると3.5リットルクラス(3500cc、自動車税は3.5L以下を適用)に属し、全長、全幅、排気量ともに5ナンバー枠を超えていることにより完全無欠の3ナンバー登録車です。いわゆる”高級車”にカテゴライズされます。 ちなみに、車体形状や用途に関係なく全長のみを基準とした分類方法で各セグメントに当てはめると、全長が4810mmであるこの車の場合は「アッパーミディアム」(Upper-Medium 4650mm超-4900mm以下 Eセグメント相当)に属します。※国や時代によって基準は異なります エンジンを車体の前方に搭載し、後輪のみを駆動する、いわゆるFR方式(フロントエンジン-リヤドライブ)を採用しています。前輪は操舵、後輪は駆動と役割分担が異なることから優れたハンドリングを得られるとされ、運転の質を求める人々から絶大なる支持を集めます。高級車の代名詞的な駆動方式です。

86-ハチロク TRD 14R-60

トピック73183/要素5724397

出典: http://jp.autoblog.com/2014/10/13/60-trd-86-14r-60-100-toyota-gt86-ft86/

ボディサイズが全長4335mm×全幅1820mm×全高1305mm、排気量は1998ccであることから、大雑把に分類すると2.0リットルクラス(2000cc、自動車税は2.0L以下を適用)に属し、全長、全高、排気量は5ナンバー枠ながら全幅が1.7mを超えていることにより3ナンバー登録になります。この手のタイプはいわゆる世界戦略車(グローバルカー)に多くあるようです。 ちなみに、車体形状や用途に関係なく全長のみを基準とした分類方法で各セグメントに当てはめると、全長が4335mmであるこの車の場合は「ミディアム」(Medium 4300mm超-4650mm以下 Dセグメント相当)に属します。※国や時代によって基準は異なります エンジンを車体の前方に搭載し、後輪のみを駆動する、いわゆるFR方式(フロントエンジン-リヤドライブ)を採用しています。前輪は操舵、後輪は駆動と役割分担が異なることから優れたハンドリングを得られるとされ、運転の質を求める人々から絶大なる支持を集めます。高級車の代名詞的な駆動方式です。

ランドクルーザー 70

トピック73183/要素5724404

出典: http://www.j-sd.net/toyota-landcruiser-70/

パワートレインは、最高出力231ps/5200rpm、最大トルク360Nm(36.7kgm)/3800rpmを発生する排気量4.0リッターV型6気筒エンジンに副変速機付き5速MTの1種類のみ。しかたないことなんでしょうがディーゼルは設定されていません。燃費はJC08モード燃費は6.6km/L。 そして今回は海外市場ではラインナップされていたものの日本では導入されていなかったピックアップトラック バージョンも設定! その他、車体のフロントドア前方に専用エンブレムを装着し、専用の本革キーボックス、本革車検証入れも付属。 またTOYOTAの文字メッシュタイプのモデリスタ製フロントグリルやドアバイザー、ヘッドレスト係留リードコード、30th ANNIVERSARYの背面スペアタイヤに被せられたソフトカバーなどなどオプション充実。

ヴィッツ GRMN Turbo

トピック73183/要素5724431

出典: http://akbnoseb.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/vitz-grmn-turbo.html

1.5L直列4気筒エンジンにターボチャージャーを搭載し、最高出力112kW(152PS)/6000r.p.m.、最大トルク206N・m(21.0kgf・m)/4000r.p.m.を発揮。GRMNにふさわしいターボエンジンを目指し、ターボラグや段を感じさせるような荒さとは無縁の、自然な繋がり感を持つ加速フィーリングを追求。また、低回転からトルクを引き出すセッティングは、街中でも余裕ある加速を提供する。 こうした加速性能の向上とともに、アクセル操作に対するレスポンスの良さにも注力。アクセルON/OFF、いずれの動きに対してもドライバーの右足の繊細な動きに忠実に反応。車両の挙動を意のままにコントロールするための資質を磨き上げている。 このパワーユニットの性能を存分に引き出して走るために、5速マニュアルトランスミッションにも専用チューニングを実施。シフトストロークを可能な限り短縮し、ダイレクト感あるシフトフィーリングを実現している。

2000GT

トピック73183/要素5724461

出典: https://gazoo.com/car/history/Pages/car_history_047.aspx

1967年に発売された我が国初の本格グラン・ツーリスモ「トヨタ 2000GT」。生産台数わずか337台といわれる “幻の名車” だ。その流麗なボディの下には、車名が表すように排気量2,000cc(正確には1,988cc)の直列6気筒DOHCエンジンが搭載されていることは御存知の通り。だが、その337台とは別に、”2,300ccエンジンを持つ2000GT” が、たったの9台、作られていたことを知る人はどれだけいらっしゃるだろうか? そんな「幻の中の、さらに幻のクルマ」が、意外にも東京の観光地お台場で誰でも簡単に見ることができ、さらに運が良ければ助手席に乗って走行してもらうことさえ可能だという。 X型バックボーン・フレームに、当時は高性能エンジンの証でもあるDOHCヘッドと3連装ツイン・キャブレターを持つ直列6気筒を搭載し、4輪ダブルウィッシュボーンの足回りにはそれぞれディスク・ブレーキと鍛造マグネシウム製ホイールを装備、先進的なリトラクタブル式ヘッドライトを採用したボディに、7つのメーターが並ぶウォールナット製パネルが美しいインテリア。トヨタ 2000GTは、その頃の日本車として最高のスペックが与えられた超高級車だった。販売価格は238万円。1967年の大卒初任給が2万6,200円だったというから、今で言えば1,500万円~2,000万円に相当するだろうか。「レクサス LFA」に比べれば半値かも知れないが、まだ自動車産業において日本と欧米の間には大きな差があったこの頃、開発に関わった人々にとっても購入された人々にとっても、気持ちの上ではLFAと同じかそれ以上の存在であったであろうことは想像に難くない。

NISSAN

フェアレディZ Version-NISMO

トピック73183/要素5724504

出典: http://www2.nissan.co.jp/Z/customize_nismo.html

エンジンはVQ35HRで、ニスモ製マフラー以外はフルノーマル。ストラットタワーバーは、ニスモではない「普通のZ」にも備わっているが、ストラットとラジエターコアサポートを繋いでいる補強バーはバージョンニスモ専用装備だ。 エンジン関係の唯一の変更点が、専用マフラー。リヤバンパーと一体になり床下を流れる空気の整流効果を高めるよう、サイレンサーの形状がつくられている。音量はノーマルとほぼ変わらず、音質はノーマルより高音だ。 内装の素材など仕立てが異なるが、基本的な造形は標準Zと変わらない。専用のシート表皮などで本来Zが持つスポーティさに上質さが加わっているが、あくまでストリート仕様なのでスパルタンな印象はない。 タイヤは、バージョンニスモ以外のモデルが履くRE050Aではなく、同じポテンザでもよりスポーティなRE-01R。フロントは245/40R18、リヤには275/35R19という特大サイズだ。幅広タイヤを収めるため、フェンダーにはモールを追加してある。

マーチ ニスモ S

トピック73183/要素5724520

出典: http://www.nissan.co.jp/MARCH/nismo.html

ボディサイズが全長3870mm×全幅1690mm×全高1495mm、排気量は1498ccであることから、大雑把に分類すると1.5リットルクラス(1500cc、自動車税は1.5L以下を適用)に属した、いわゆる5ナンバークラスの車です。とにかく排気量を増やして、とにかくボディを大きく、特に全幅を広げれば良いんだという風潮が蔓延る現代においては大変貴重な車となっています。 ちなみに、車体形状や用途に関係なく全長のみを基準とした分類方法で各セグメントに当てはめると、全長が3870mmであるこの車の場合は「ロア ミディアム」(Lower-Medium 3850mm超-4300mm以下 Cセグメント相当)に属します。※国や時代によって基準は異なります エンジンを車体の前方に搭載し、前輪のみを駆動する、いわゆるFF方式(フロントエンジン-フロントドライブ)を採用しています。この方式はエンジンと駆動系(ミッション、デフ等)の収納がエンジンルーム内で完結するので軽量コンパクトかつ低コスト化が実現でき、室内を広く作りやすい(エンジンが横置きの場合)ほか、後輪駆動車に比べて直進安定性に優れることが主な特長です。

ノート ニスモS

トピック73183/要素5724527

出典: https://www.autech.co.jp/ownersvoice/detail?id=58

ボディサイズが全長4190mm×全幅1695mm×全高1515mm、排気量は1597ccであることから、大雑把に分類すると1.6リットルクラス(1600cc、自動車税は2.0L以下を適用)に属した、いわゆる5ナンバークラスの車です。とにかく排気量を増やして、とにかくボディを大きく、特に全幅を広げれば良いんだという風潮が蔓延る現代においては大変貴重な車となっています。 ちなみに、車体形状や用途に関係なく全長のみを基準とした分類方法で各セグメントに当てはめると、全長が4190mmであるこの車の場合は「ロア ミディアム」(Lower-Medium 3850mm超-4300mm以下 Cセグメント相当)に属します。※国や時代によって基準は異なります エンジンを車体の前方に搭載し、前輪のみを駆動する、いわゆるFF方式(フロントエンジン-フロントドライブ)を採用しています。この方式はエンジンと駆動系(ミッション、デフ等)の収納がエンジンルーム内で完結するので軽量コンパクトかつ低コスト化が実現でき、室内を広く作りやすい(エンジンが横置きの場合)ほか、後輪駆動車に比べて直進安定性に優れることが主な特長です。

スカイライン クーペ

トピック73183/要素5724541

出典: http://history.nissan.co.jp/SKYLINECOUPE/CV36/1001/point_2.html

エンジンは、V36型セダンに採用されるVQ35HR型から35%の部品が新たに開発されたVQ37VHR型エンジンが初めて搭載された。また、このエンジンにはバルブ作動角・リフト量連続可変機構、VVELが初採用されている。先代CV35型クーペのエンジンから200cc排気量が増加しているが、VVELの採用などにより、燃費性能は10%程度向上している。 トランスミッションにはATとMTの2種が用意された。ATについては当初、フーガから採用されたものとほぼ同一のジヤトコ製JR507E型マニュアルモード付フルレンジ電子制御5速ATが採用されていたが、2008年12月の一部改良により、先にフェアレディZに採用されていた同じくジヤトコ製のJR710E/JR711E型マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATに変更された。MTについては先代モデルと同一の愛知機械工業製MRA70型6速MTが採用されているが、軽量化などが施されている。

スカイライン 2000GT-R C10(ハコスカ)

トピック73183/要素5724638

出典: http://showa-chronicle.com/79.html

ハコスカとは、1968年‐1972年の間に生産された三代目日産スカイライン、C10型のこと。 ハコスカという愛称は、「箱のような形状のスカイライン」ということに由来します。 クラシックカー(旧車)となったハコスカは、現代の技術を駆使して作られた車とは比較にならないほど「乗りにくい」代物。 それにも関わらず、いまだに多くのファンから愛され、世界のクラシックカーマニアをも唸らせます。 この車の良さは、分かる人にしか分からないかもしれない。いや、分かる人だけ好きでいてくれればいい。 車が好きでとことんこだわってしまう、そんな男にしかわからないロマンが詰まっているんです!

スカイライン 2000GT-R C110(ケンメリ)

トピック73183/要素5724695

出典: https://www.carthrottle.com/post/xY0PbP/

累計生産台数はわずか197台…。 ケンメリの愛称で親しまれたスカイラインC110型。一つ前のモデルであるハコスカから大きな変更が施されました。その中で最も印象的なのは丸型4灯テールランプです。このテールランプはケンメリ以降、現行のR35GT-Rに至るまで採用されています(一部例外はありますが)。まさにスカイラインのシンボルとも言えるものです。サーフィンラインも印象深く、折り目のついたシャープなデザインに。またボディタイプも幅広く、4ドアGTや2ドアハードトップ、さらにはワゴンやバンも存在しています。デザイン性の高さに加え、ユーザーのニーズに合わせた多様なラインナップが功を奏し、ケンメリは大ヒットを収めます。 ケンメリを語る上で忘れてはいけないのがケンとメリーの存在です。はじめにご紹介したCMに登場する男女ですね。BUZZが歌ったCMソング「ケンとメリー〜愛と風のように〜」はオリコンランキングで19位にランクインするなど、ケンメリのイメージ戦略上大変重要な役割を担いました。またCMで登場する”木”は「ケンとメリーの木」と名付けられ観光名所となるなど社会現象を引き起こしました。ケンメリが幅広い客層に愛されたのはケンとメリーのおかげと言っても過言ではないかもしれません。

サニー トラック

トピック73183/要素5724743

出典: http://ucar.carview.yahoo.co.jp/model/nissan/sunny-truck/

大衆車「ダットサン・サニー」のバリエーションモデルとして登場。当初は「ダットサン」ブランドで販売されていたが、1985年より「ニッサン」ブランドに変更・統合された。 日産自動車での小型自動車のブランドである「ダットサン」の型式(かたしき)は、10の位の数字が、乗用:1、商用:2と規定されていたため、ピックアップトラックは、サニーのコードである「B」を冠し、B20となった。 当時の軽積載トラックに共通のキャブ(運転席)とベッド(荷台)が別れていない、ワンピースボディーとなっている。そのため外観はスタイリッシュなものとなり、趣味の対象として、後年多くの支持を得た。 2代目のB120型以降、大幅なモデルチェンジもなく、トヨタ自動車のパブリカピックアップとともに生産が続けられた。 1980年代以降、そのノスタルジックなスタイルと侮れない動力性能、低廉な維持費などがクルマ好きの注目を集めるようになる。FRという駆動方式を採用している事や、チューニングパーツや流用の効くパーツも豊富で、OHVの割には高回転域までストレスなく吹け上がるA型エンジンが搭載されていることから、チューニングカーのベースとして高い人気がある。その一方で、クラシカルなスタイルを活かし、キャルルックなどのドレスアップも人気がある。

SUZUKI

アルトワークス

トピック73183/要素5726275

出典: http://autoc-one.jp/suzuki/alto_works/newmodel-2508334/

アルトワークスは「軽自動車=遅い」というイメージを払拭したクルマといえるでしょう。パワーユニットは「ターボRS」と同じくR06型VVTターボエンジンです。なおかつ冷却によって圧縮の際に起こる可能性のあるノッキング(異常燃焼)を抑えています。フロントバンパーの右側に外気口を設けることによっても冷却向上を狙っています。こうしたチューニングによってトルクが従来型の98N-m(10.0kg-m)/3,000rpmから100N-m(10.2kg-m)/3,000rpmへと向上しました。アクセルレスポンスの向上も見逃せないところです。ターボRSに対し、加速時のレスポンスを10%アップし、アクセルワークにダイレクト感を増しました。MTだけでなく、従来からのAGS採用のバージョンも用意されています。こちらもスポーツ走行に対応するように変速制御プログラムをチューニングしています。変速スピードの短縮を図るために変速時間を最大で10%短縮しています。5速マニュアルモード付きパドルシフトも装備されています。

ワゴンR

トピック73183/要素5726385

出典: http://kens11.com/2015/12/06/post-1690/

ワゴンRのトランスミッションはこれまでCVTのみの設定だったが、新たに5速MT車を追加。グレードはFXで、走行中にブレーキを踏んで停車し、シフト位置をニュートラルに戻してクラッチを離せば、自動でエンジンを停止するアイドリングストップシステムを搭載。アイドリングストップ中でも冷風を室内に送る「エコクール」も採用した。  また、エンストした際にシフト位置をニュートラルに戻し、クラッチを踏み込むだけでエンジンが再始動する新機能「エンジンリスタート機能」を採用している。  なお、燃費(JC08モード)については2WD車が25.6km/L、4WD車が24.0km/Lで、前者はエコカー減税の免税対象、後者は75%減税対象となる。

エスクード

トピック73183/要素5726422

出典: http://sport-car.akakagemaru.info/car-suzuki/post-10763/

新型エスクードのパワーユニットは新開発された1.4リッターターボエンジン(BOOSTERJET)を採用し、最高出力は103kW(140ps)、最大トルクは220Nm(22.4kg.m)/1500-4400回転のスペックを持つエンジンを装備。トランスミッションは今回発表されたモデルは6速マニュアルトランスミッションで、駆動方式は次世代インテリジェントAWD(4輪駆動)となる。パワートレーン1.4リッターターボエンジン、6速MT、駆動方式AWDモデルの最高速度は時速200km/h、燃費はヨーロッパ計測値ですが市内走行時の燃費は15.8km/L、郊外走行時の燃費は20.0km/L、混合走行モードの燃費は18.5km/L。

ジムニー シエラ

トピック73183/要素5726442

出典: http://www.4x4magazine.co.jp/news/2014/06/24/4555.php

ジープ以来の伝統的な四輪駆動車の構成を固持する、小型で軽量のパートタイム4WD車。低級振動や重量増などの不利をおして、今なお強度と耐久性を重視したはしご型フレーム(ラダーフレーム)を使い続け、サスペンションも前後とも固定軸を用いている。これは現代の自動車において、乗用車のみならずオフロード車であっても車台のモノコック化、サスペンションの独立懸架化が進んでいる今日にあって、独自かつ稀有な存在である。 小型軽量ボディやラダーフレーム、リジッドアクスル式サスペンション、大径タイヤなどの優位性により、特に純粋な悪路の踏破性能では四輪自動車としてトップクラスの性能を持ち、クロスカントリー競技のベース車としても使用されている。

MAZUDA

アクセラ XD

トピック73183/要素5726558

出典: http://autoc-one.jp/mazda/axela_sport/report-1714938/0002.html

アクセラスポーツ XDに搭載されている2.2リッターのディーゼルは175馬力/42.8kgmというスペックを持つ。2リッターガソリンの155馬力/20kgmと比べてみればその差は明らか。大雑把なイメージで言えば、普通にアクセル踏んだ時のパワー感だと「おおよそガソリンエンジンの2倍」である。 6速マニュアルトランスミッション搭載。そしてクラッチミート簡単。少し慣れればアクセル踏まないで発進出来るほど。また坂道発進時に後退しないような装置も付いており、気難しさ皆無である。不慣れなドライバーにだって運転出来ます。マニュアルシフトのイメージが変わる。

CX-3

トピック73183/要素5728603

出典: http://www.mazda.co.jp/autosalon2016/cars/cx3/

減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」に加え、ピストンピンにダンパーを組み入れることで燃焼によるピストン系の振動を打ち消すように共振させてディーゼルノック音を低減する、世界初の「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を装備したS5-DPTR型が搭載される。 グレードは「XD」・「XD Touring」・「XD Touring L Package」の3グレードが用意されている。いずれのグレードにも、駆動方式は2WD(FF)と4WD(i-ACTIV AWD)が設定され、トランスミッションは6MT(SKYACTIV-MT)と6AT(SKYACTIV-DRIVE)が用意される。

アテンザ

トピック73183/要素5730662

出典: http://www.mazda.co.jp/autosalon2016/cars/atenza/

エンジンは、フォードグループの新しい基本エンジンとなる、マツダの新開発機種「MZRエンジン」が搭載され、直列4気筒DOHCのLF-DE型2,000cc、同L3-VE型2,300ccがある。欧州仕様車にはRF-CDT型コモンレール2,000ccディーゼル・ターボも搭載される マツダの得意分野である「走る楽しさ」を具体化し、デザインや走行性能に力を入れ、自動車評論家や自動車ファンの評価も高く、日本では2002年RJCカー・オブ・ザ・イヤーなどの受賞を始め、2008年までに世界中で132の賞を受賞した。なお初代アテンザの世界販売台数も132万台となっている。

ロードスター

トピック73183/要素5730709

出典: https://www.youtube.com/watch?v=pyOqsjOf6v8

トランスミッションはMT車に6速直結にして構造をシンプル化・小型化することで軽量化を図ったFR用6速MT「SKYACTIV-MT」を採用 フロントオーバーハングを短く・低くして、人を中心に配置したコンパクトキャビンと合わせて乗る人の姿が引き立つプロポーションとし、低くワイドな台形フォルムとなる。ボディはアルミ・高張力鋼板・超高張力鋼板の使用比率を3代目の58%から71%に引き上げ、剛性を確保しながら軽量な構造を追求したことで大幅な軽量化を達成し、「S」は初代NA8C型のMT車と同等の990kgを実現した。重量や剛性もさることながら、人馬一体をキーワードにエンジン、ボデー、サスペンションなどがすべてベストな状態になるよう開発され、気持ちの良いハンドリングと加速を実現している。また、室内小物入れや脱着式ドリンクホルダーを装備し、トランクも機内持込対応サイズのキャリーバッグを2個積載できる容量を確保するなど利便性にも配慮された。

SUBARU

WRX STI

トピック73183/要素5751228

出典: http://www.subaru.jp/wrx/sti/design/exterior.html

即日完売の伝説を生んだスバル WRX STI EJ20エンジンとDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)と呼ばれる駆動系は初代モデルから、TY85系の6速MTは2000年発売の2代目モデルから採用されたもので、それ以降、画期的と評せる新しいメカは投入されないまま、世界の舞台で世界の競合車としのぎを削りながら地道な熟成を重ねてきたクルマなのです。 基本的には既存技術の熟成だけで20年以上の長きにわたり2リッター級スポーツモデルの世界トップクラスの性能と人気を維持して来られたのは、“常に挑戦し続けてきた”という、スポーツモデルの存在意義や歴史的な背景に魅力があるからです。

FORESTER

トピック73183/要素5751392

出典: http://car-moby.jp/21668

乗り心地や操縦性の向上のために足回りやボディにも、きちんと手が加えられている。具体的には、フロントストラットとリヤショックアブソーバーの減衰力変更。フロントとリヤコイルスプリングのバネ乗数変更。リヤショックアブソーバー及びスタビライザーの取り付け点変更による作動効率を改善。フロントサスペンションクロスメンバーの剛性最適化。リヤサスペンションロッドガイドブッシュおよびトレーリングブッシュの高硬度化。リヤサスペンションアライメントの最適化が行われている。いつもながら、その微に入り際にわたるチューニングには感心させられる。

IMPREZA SPORT

トピック73183/要素5751258

出典: http://familycar.work/?p=1858

エンジンは2010年秋に全面刷新された新世代「BOXERエンジン(水平対向エンジン)」が採用され、1.6L車は従来のEL15型(1.5L)に替わってFB16型(1.6L)を搭載。3代目から100ccアップした排気量分をトルクアップに使うことで、全ての回転域においてトルクを向上。3代目の2.0L車と遜色ない加速性能を実現するとともに、3代目の1.5L車と比較して約20%の燃費向上も実現した。2.0L車はフォレスターに採用のFB20型に置換。従来型に比べ、約27%の燃費向上を実現するとともに、中速領域のトルクも向上したことで、2.5L車並の加速性能と、アクセルを軽く踏み込むだけでも素早い加速が感じられるレスポンスの良さを実現した。

BRZ

トピック73183/要素5751425

出典: http://www.goo-net.com/newcar/SUBARU__BRZ/

FA20型エンジンはトヨタ・スバルが共同で開発したエンジンです。ベースとなったのはスバルの「FB20型エンジン」です。このエンジンは「インプレッサ スポーツ」「スバル XV」等に搭載されているエンジンになります。そこへトヨタが持つ「D-4S」を組み合わせたのです。このD-4Sが優れた技術であり「筒内直接噴射」「ポート噴射」をエンジンの回転数に応じて使い分けてくれるのです。すると効率よくエンジンが回りますので、余計な負担をエンジンに掛けることなく本来持っている性能を思う存分引き出し尚且つ燃費向上に繋がるのです。

HONDA

CR−Z

トピック73183/要素5730764

出典: https://www.honda.ca/crz

ダイレクトなチェンジ操作が楽しめる、ハイブリッドカー世界初の6速マニュアル。パドルでマニュアル感覚のシフトチェンジも楽しめる、イージードライブのCVT。 高回転域まで息つくことなく、キレよく回り、高速走行時などでノビのよさを発揮。Honda独自のバルブコントロール技術により、低回転でのトルク特性にも優れた、高回転・高出力型の1.5L i-VTECエンジンを搭載。高電圧を発揮し、モーター出力を向上。これにより、力強い発進や追い越し加速を実現。長い加速や頻繁な加速を行っても“持ち”がよく、また、充・放電も素早く行えるため、回生電力をより効率