恋愛と結婚はまったくの別物だと言われます。
理想的な彼氏が、必ずしも良い旦那になるとは限らないのです。

では、その違いはどこで見極めれば良いのでしょうか。
今回は将来的に「良い旦那」になる男性が持つ共通点を4つご紹介いたします。

「良い旦那」になる男性の見極め方

①料理をはじめとした家事ができる

ひとり暮らしの経験があり、ひと通りの家事はそれなりにできる。
そのような男性だと、家事の大変さを知っている分、自然と理解を示してくれます。

結婚後も家事を始めとした家庭のことに協力的になってくれることでしょう。

特に結婚後も仕事を続けたい女性にとって、パートナーが家事の分担を快く受け入れてくれることは、自分の負担が減り、心の余裕にもつながります。

また料理のできる男性だと、ひとつのメニューを作るのにどれくらいの手間暇がかかるのかが何となく把握できます。

そのため、女性が料理を作ってくれることに心から感謝の気持ちを持つことができるのです。

②男と女を区別することをしない

ごくまれに、会話の中で「俺は男だから~」「やっぱり女は~」と無意識のうちに発言してしまう男性もいます。

このような考えを持つ男性は、結婚後も必ず、男と女を引き合いに出し、自分にとって都合の良い方向へと話を進めていきます。

もしかすると、「男の俺がすることじゃない」「女なんだから仕方ない」という一言で、何でも片づけられてしまうかもしれません。

しかし良き旦那になるであろう男性は、このように「男だから」「女だから」と男女をまったく別物として区別することはしません。

性別関係なく、相手をひとりの人として大切に扱ってくれます。

男性が自分を「ただの女」として見ているのか、「ひとりの人」として見ているのかも、見極めには重要なポイントとなるのです。

③「ありがとう」が素直に言える

ただ「好き」だけの感情で付き合える恋愛とは違い、結婚後はお互いを思いやる気持ちが必要となってきます。

特に相手に対する感謝の気持ちは、結婚生活において無くてはならないもの。
「ありがとう」の一言があるかないかでは、パートナーとの関係も大きく変わってくるのです。

小さな出来事に対しても「ありがとう」の5文字を伝えることができる。
そのように感謝の気持ちを忘れない男性であれば、結婚生活のなかで不満がたまることもありません。

「いつもおいしい手料理をありがとう」「家で帰りを待っていてくれてありがとう」という何気ない一言が、結婚後の女性の支えとなります。

それにより、自分も男性に対して優しい気持ちを持ち続けることができ、いつまでも夫婦円満でいることができるのです。

④話し合いの場で冷静になれる

長い結婚生活のなかでは、夫婦間で話し合いをする機会もたくさんあります。
ときに、お互いの意見の食い違いから揉めごとが起こることだってあるでしょう。

しかし、そこで逆切れしたり、逃げに走ったりする男性だと、まとまる話もまとまりません。

話し合いの場では、客観的に物事を見られて、相手の話に耳を傾けることができる。
そんな冷静さを持つ男性だと、会話もスムーズに進みます。

大きな決め事や話し合いをする機会が多い夫婦という関係だからこそ、旦那となる男性には冷静さを持つ相手を選ぶようにしましょう。

ひとりの人として尊敬できる男性を

良い旦那になるであろう男性は、他人を気遣う思いやりの心を持っています。
彼との結婚を意識し始めたときは、相手の些細な振る舞いに目を向けてみましょう。

ひとりの男性としてではなく、ひとりの人として尊敬できる。
そう思える相手であれば、結婚後も良き旦那として、あなたの味方になってくれるはずです。

チェックしておきたい恋愛記事はこちら!

まわりに差をつけよう!男性に「あの子は他の子と違う」と思わせる方法

ハッキリ言ってよ!“いい雰囲気”なのに彼が告白してくれない原因って?

体型のお悩みとサヨナラ!スタイルアップを叶える鉄板な着こなしポイント